• アクセス
  • お問い合わせ

TOP > こんなことしました

こんなことしました

里山体験【田んぼと森の学校】⑦

■第7回■ 1月11日(土)~12日(日) 


雑木林の手入れ(進入路) >たき火 >雑木林の手入れ(宿泊棟裏) 


 第7回里山体験では舞台を田んぼから雑木林に移して木の伐採(ばっさい)をしました。子どもたちはノコギリや剪定(せんてい)ばさみを使ってたくさんの木を切り、太めの木材は炭用として雑木林から運び出し、小枝や細い木は積み重ねて小さな生き物のすみかとしました。

[詳細を見る]

冬のファミリーキャンプ

 家族で冬のキャンプをしました。自然散策ではみんなで歩きながらいろいろな木の実を観察したり、タカノツメの落ち葉の甘いにおいをかいで冬の自然を楽しみました。 [詳細を見る]

あそびむしくらぶ~落ち葉でたきびをしよう

 落ち葉や小枝を拾いながらヤマモモ街道を展望台までの道をみんなで楽しく歩きました。その後、たき火を囲んで温まり、火が落ちてからはマシュマロを焼いておいしくいただきました! [詳細を見る]

初めて挑戦!アウトドア【冬】

 子どもだけの挑戦いっぱいのキャンプをしました。やさいたっぷりのポトフづくりではみんなで協力をしてやさいを切ったり、火をおこすことができました。 [詳細を見る]

わくわく自然ランド【紅葉と芋煮】

天候に恵まれてぽかぽか陽気の中、秋を探しに木の実や落ち葉を拾いながら自然観察をしました。観察中は先生からどんぐりの種類や紅葉などの話があり、子どもも大人も興味津々(きょうみしんしん)で聞いていました。 [詳細を見る]

あそびむしくらぶ~キノコをさがそう

雲ひとつない青空のもとで、散策路を歩いてキノコをさがしました。

[詳細を見る]

未来授業 防災×キャンプ

新しい友だちとキャンプを楽しみながら、災害時にも役立つキャンプ技術を学びました。

[詳細を見る]

里山体験【田んぼと森の学校】⑤

■第5回■ 10月13日(日) 


だっこく >サツマイモおやつづくり >環境プロ


大型台風が接近したため、日曜日のみの開催になりました。前もって田んぼから非難させた稲からモミをとる「脱穀(だっこく)」をしました。昭和初期の「足ぶみだっこく機」や江戸時代に活やくした「千歯こぎ」を体験しました。また、 [詳細を見る]

大人の里山歩き~キノコときのこ鍋

 ようやく訪れた秋の気配を感じながら森の中をキノコ探しにでかけました。

まず、宿題になったキノコの分類結果から‼

①イグチ科チチアワタケ(若い時は黄白色の乳液がでる)

②ウスヒラタケの幼菌(株立ち)

[詳細を見る]

初めて挑戦!アウトドア【秋】

 子どもだけのテント泊キャンプをしました。みんなで森の中をハイキングしてきのこやススキなどを観察し、秋の自然を楽しみました。また、十五夜をイメージしたお月見カレーやくるくるパンづくりもしました。 [詳細を見る]